お金の使い方には3種類ある

働いて得るものにお金がありますが、お金の使い方はいろいろあります。
ショッピングモールやお店に出向いて生活に必要最小限のものを買う消費があります。
例えば食品、ガソリン、生活雑貨などです。
あとは電力会社と契約する電気代や土地の税金なども消費に入ります。
生活を成り立たせるために行うのが消費なのです。
これは人間の行動の基本で、行わなければ生きていけないので誰でも経験しています。
望まなくてもお金を払わないと生活していけない部分があるので割り切ってやっていますが、もう少し出費を減らせないかと検討したい部分です。
その正反対のものでは浪費があります。
自分の好きなものに次々とお金を使うことです。
生活のために行っている消費とは違い、こちらは必要がないものに費やしています。
両方、お金を使う点では似ているけど、浪費は少し道を踏み外せば消費すら困難にしてしまうので、気を引き締めないといけません。
好きなものを買うとき、消費のためのお金を先に考えて計画を立てて行なうのが基本です。
最後は投資です。
これは先に挙げた2つとは違い、お金を利用して積極的に資産を増やす行為を指します。
投資には株、FX、バイナリーオプション、先物取引があります。
この4つに共通しているのはリスクです。
お金を失う危険性もあるのが投資です。
過払い金請求 初期費用なし

だから、生活費は絶対やめて余裕資金で行いましょう。
消費と浪費は使ってしまえばなくなりますが、投資はリスクはあるものの、お金を増やして生活を豊かに出来るところがあり、夢があるものだと考えています。

コメントは受け付けていません。